DMN ONLINE.NET

Diamond Design Mngement Network Online Site
 


DMN|デジタルデザインワークショップ with WOW アプリ制作でマスターする「デザインのつまみ」全3回



 「デジタル技術を文房具にする」—これはデジタルデザインの世界をリードするWOWのアートディレクター鹿野護氏の示唆に富んだ言葉です。
ビジネス、コミュニケーション、デザイン、エンジニアリング、どんな分野であれ、デジタル技術を背景にした今日的な問題解決を考える場合、リアルタイム性とインタラクティブ性が重要です。
 DMNではWOWのソリューションに着目しました。WOWがどうしてすばらしいソリューションを創造できるのか、その肝心要のメソッドを、アプリデザインを考えるプロセスを通して実践的にマスターする『デジタルデザインワークショップ with WOW』を開催します。「アイデアを美しく表現し、正しく伝える」ことを求められている方々、つまりクリエイティブな仕事をされているすべての方々が対象です。
 鹿野護氏自身の企画・ディレクションとなるこのワークショップは、デザインや企画、エンジニアリングやコミュニケーションなどの第一線で活躍されているクリエーターにとって、感動のソリューションを創造する術をマスターする待望の機会になるはずです。
 皆さまのご参加をお待ちします。
「なぜ今、このワークショップが必要なのか」
鹿野 護 

「デジタル技術を「好奇心のための文房具」にできないだろうか。ノートに図や文字を描くのとはまた違った道具。たとえば、心の中に閃きを描くような道具。機能性や便利さというよりも、思いもよらなかった発想にたどり着けるような...。

 長年、表現のデザインに携わってきた私は、「表現を生み出す」のではなく「表現するためのツール道具を生み出したい」という意識を持ち続けています。すなわち、私は道具を作り、道具が表現を作り出す。という感覚です。これは、デザインに客観性や汎用性をもたらすと同時に、偶然性や意外性といった無意識的な感覚をもたらすことを後押ししてくれます。

 こうしたデザインのプロセスで重要なのは、いかにアイデアを道具化するかという事。アイデアに“調整可能なパラメータ”を持たせるのが重要なのです。あとは、この調整つまみを操作しながら、好奇心をどんどん連鎖させインスピレーションを誘発する。これは、自分自身の中に隠れていた創造性に出会うことでもあります。

 今回のワークショップは、アプリのデザインプロセスを通じて、デジタル技術を活用したアイデア発想を体験しながら、そのアイデアを美しく表現し、正しく伝達するための手法と考え方も紹介します。このワークショップが参加者それぞれの自分専用の「好奇心のための文房具」を作るきっかけになれば幸いです。」



開催概要

ワークショップ企画・ディレクション:
鹿野 護 氏 WOW inc. アートディレクター

Mamoru Kano

Mamoru Kano

プログラミングを内包したデザインプロセスにより、美術館でのアートインスタレーションから、モバイルデバイスのユーザーインターフェイスまで、様々な分野のビジュアルデザインを手がけている。WOW社内で実験的表現ユニット「wowlab」を立ち上げ、認知科学や建築等の分野と積極的にコラボレーションを展開。また個人活動としてウェブサイト「未来派図画工作」を主宰。2009年iPhoneアプリケーション「二十世紀ボヤージ」をリリース。著書「QuartzComposer Book」。
DMNでもセッションを開催してその一部を紹介したように、近年、ユーザー体験と表現のあり方の関係について、デザインと開発の視点から研究に取り組んでいる。


開催日程・時間(全3回コース):
2014年11月21日(金)、28日(金)、12月5日(金)
各日14:00〜18:00(開場 13:30)

会 場:
  WOW inc. 本社

  東京都渋谷区神南1-14-3 地図参照

参加費:
 50,000円
(税別 税込54,000円)/1名

主 催:
  (株)ダイヤモンド社
   事務局 DMN(ダイヤモンド・デザインマネジメント・ネットワーク機構)
   TEL: 03-5778-7231 e-mail: dmn@diamond.co.jp


ワークショップ構成

全3回のワークショップ構成

  ※普段お使いのパソコン持参で参加ください。MacでもWindowsどちらでも大丈夫です。
  ※プログラミングやデザインの知識は必要ありません。
  ご不明の点などございましたらDMN事務局までお問い合わせください。

○ 第1回 <アイデアの道具化>
11月21日(金) 14:00〜18:00
情報の流れや仕組みを、分解し、再構成してみる訓練です。アイデアを汎用的な機能のかけらとして捉えることで、より柔軟な発想が可能となります。プログラミングの世界で用いられる考え方を、アイデア発想に応用してみましょう。

○ 第2回 <ひらめきの誘発>
11月28日(金) 14:00〜18:00
意識と無意識をデジタル技術によって接続してみる実験です。繰り返しや偶然性など、デジタルならではの機能性を、有機的な発想に役立ててみます。実際に想像力を刺激する道具を組み立てながら、自分の創造性における新たな一面を、自ら見いだしてみましょう。

○ 第3回 <情報のビジュアライゼーション>
12月5日(金) 14:00〜18:00
心を動かし、記憶に残すためには、どんなデザインが必要でしょうか。また情報を発信する側と受信する側の認識のズレも無くさなければなりません。表現にリアルタイム性とインタラクティブ性がますます重要となってきた昨今、デジタル技術時代に求められる表現の作法、時間のデザインついて学びます。



お申込み方法
ご参加をご希望の方は、下記のいずれかの方法でお申し込みください。

1.Webエントリーフォームよりお申込み
下記リンクの「ワークショップご参加お申込みエントリーフォーム」 より、必要事項を入力の上お申込みください。

Webお申込みエントリーフォームはこちら

2.Eメールでのお申込み
「開催概要・参加申込書(PDF)」の「参加お申し込み用紙(PDF)」に必要事項を明記の上、E-MAILにてDMN事務局までお送りください。
(FAXも可。FAX送信後メールにてご一報をお願いいたします。)

◎開催概要・申込みの詳細(PDF)のダウンロードはこちら

ワークショップ詳細・参加申込書(PDF)ダウンロード

※なお、定員になり次第、締め切らせていただきますので、お申し込みはお早めにお願いいたします。
※お申し込み受付後(ご入金後)のキャンセル(返金)は一切承りかねますので、あらかじめご了承ください。

*お申し込み締切:11月17日(月)

[DMN事務局]
  TEL:03-5778-7231
  FAX:03-5464-0786
  E-mail:dmn@diamond.co.jp


 
お使いのブラウザではCSSが使用できなくなっています。正しくご覧頂くためにはCSSを「ON」にしてご覧下さい。

 
 
(c) 2004-2014 Diamond Design Management Network All Rights Reserved.
Contact Us by Mail :dmn@diamond.co.jp