DMN ONLINE.NET

Diamond Design Mngement Network Online Site
 
WITHOUT THOUGHT VOL.11
CONTAINER | 容器


「容器」と聞いてどんなものを思い浮かべるだろう。
何か確固たる共通のイメージがあるのだろうか。容器のかたちは中身によって決まるのだろうか。それとも人は容器をみて「これなら○○を入れたい」と思いつくのだろうか。 中身に関係なく容器には魅力がある。その魅力とは何なのかをみんなで話しながらいろんなデザインをしてみた。
「訳なくいい」という魅力の魂を探ってみた。

深澤直人
プロジェクト/デザインディレクター

What comes to mind when people hear the word "container"?
Is there a clear-cut image held in common by everyone? Is the shape of a container dependent on its contents?
Or do people look at a container and think, "If it's this shape, then I want to put X in it"?
There's an appeal to containers, regardless of what's in them.
We came up with various designs when discussing just what that appeal was.
We searched out the soul of this appeal that was "effortless good".
Naoto Fukasawa
Project / design Director

WITHOUT THOUGHT VOL.11 CONTAINER|容器 「開催概要」

「魅力」って、何?

このワークショップは、得意分野がそれぞれ異なる企業の第一線で活躍するデザイナーたちのために、毎年1回のペースで開催しています。私たちがふだん使ったり目にしたりする製品をデザインしているデザイナーが、深澤直人さんの「哲学」とも言えるWITHOUT THOUGHTというテーマのワークショップに参加するのですから、このワークショップが、プロフェッショナルのデザイナーにとっても、何か特別の体験をもたらすものであることは想像に難くありません。もしこれが学校だとすれば、これまでに参加したデザイナーたちは「卒業生」という呼び方もできます。すると、今回が11回目、卒業生たちもかなりの数になってきました。
近年、日本の企業に対する世界のデザイン評価がたいへん高いことはご存知でしょうか。モノづくりの質やトレンドを取り入れるところはずっと得意でしたが、気持ちに響くようなエモーショナルなデザイン、ひと言で言えば「魅力」に対する評価が高まってきたのです。
「魅力」って、何? これはとびきり難しいテーマです。
言葉で説明したとたんに、するりと抜け落ちてしまうほど、人間には深く本質的にかかわる何か、なのですから。WITHOUT THOUGHTがワークショップを通じて示しているものは、まさにその曰く言いがたい「魅力」の核心に触れるための「道」であるように思えます。機能をどういう形にまとめたらいいかとか、ユーモアやアミューズをどう表現したらいいかとかを考えるデザインとは、すこし違います。たとえば芭蕉や子規の俳句が、言葉の働きやかたちを考えたり、おもしろみやおかしみを工夫したりするのとは、すこし違うように。このへんが創造の、難しいところですね。「魅力」の核心に触れるための「道」は、ちょうどメーテルリンクの「青い鳥」のように、人々の生活のなかの行動や心の動きのなかにすでに在るものなのに、なかなか気づかないでいるものなのです。
WITHOUT THOUGHT=「考えずに」とは、「魅力」を直感的に悟れるようになるための「道」です。五感を使って世の中を観察したり、手を動かして簡単な模型を作ってみたり、とにかく動きながらからだ全部を使って覚えるしかないような「道」なのです。俳句が、そうであるように。
WITHOUT THOUGHTの「容器」、じっくりと味わってみてください。

ダイヤモンド デザインマネジメント ネットワーク機構
DMNディレクター 河嶋隆司

What is "appeal"

This workshop is held once a year for designers at the forefront of companies with differing areas of specialty.
Since the designers who design the products we usually use or see participate in this workshop with its WITHOUT THOUGHT theme – which could be called Naoto Fukasawa’s philosophy – it is not hard to envision that it proves a special experience for professional designers, too. If this were a school, then we could call the designers who have participated until now “graduates”. And with this being the 11th workshop to be held, there are a considerable number of graduates.
Did you know that in recent years, the world’s design evaluation of Japanese companies has been very high? Japanese companies have always been adept in terms of assimilating trends and with regard to the quality of what they create; but now opinions regarding emotional design, the kind that resonates in people’s hearts – what could in a word be described as “appeal” – have risen.
What is “appeal”? This is an extremely difficult topic - because it’s something that figures so deeply, so intrinsically in human beings that as soon as it is put into words, it slips away. I believe that what WITHOUT THOUGHT is exhibiting through its workshops is precisely the “route” that is necessary to experience the essence of this “appeal” that is so hard to describe. It’s a bit different to the kind of design that considers how to organize functions and how to express humor or amusement. Like the haiku poetry of Basho and Shiki, for example – thinking of the movement and the shape of words, and coming up with humor and drollness is a little different. This is the part of creation that is difficult. The “route” to experiencing the essence of “appeal” is, like Maeterlinck’s “L’Oiseau bleu” something that already lies within the behaviors in peoples lives and in their minds, yet is something that they just aren’t aware of.
WITHOUT THOUGHT is a “route” towards being intuitively aware of this “appeal”. It’s a “route” whereby there’s nothing for it but to use our five senses to observe the world, to use our hands to create simple models – at any rate, to use our entire bodies to remember. Like with haiku.
Please savor WITHOUT THOUGHT’s “CONTAINER”.

Diamond Desing Management Network
Takashi Kawashima DMN Director

 


 
お使いのブラウザではCSSが使用できなくなっています。正しくご覧頂くためにはCSSを「ON」にしてご覧下さい。

 
 
(c) 2004-2010 Diamond Design Management Network All Rights Reserved.
Contact Us by Mail : dmn@dimamond.co.jp