DMN ONLINE.NET

Diamond Design Mngement Network Online Site
 

WITHOUT THOUGHT VOL.12


手を洗う|WASHING HANDS


WITHOUT THOUGHTとは「思わず・・・」という意味がある。人間はあえて考えずとも、自然に身の回りの環境や状況に対応して行為、行動している。
それは、歩くということが、床や脚や靴のことなど考えずにもそれぞれが調和しつつ自然に行われるようなことである。
このワークショップは今年で12回目になる。企業の若手デザイナーと、環境と身体が「考えず」に調和しようとするときに発生する要素を抽出し、それをもとに デザインの具体化を試みることを目指している。今年のテーマは「WASHING  HANDS」である。何も考えずに手を洗っているときにも身体は数限りない共通の行為を繰り返し、感じとっている。参加デザイナーはどのくらいその無意識の行為や感触に気付けるだろうか。

深澤直人
プロジェクト/デザインディレクター

WITHOUT THOUGHT means “unthinking”. Human beings respond to and act unthinkingly, naturally, both to the environment and to the situations around them. This is akin to the act of walking, which is conducted naturally without thought for the floor, our legs or our shoes, which are all in accord.

This year marks the 12th year the workshop has been held. With this workshop, we work with young in-house designers to extract the elements that transpire when the environment and the body attempt to “unthinkingly” harmonize, and based on this, seek to try to translate this into design. The theme for this year is WASHING HANDS. Even when unthinkingly washing your hands, your body repeats and picks up on an innumerable series of shared actions. To what degree can the designers participating this year discern these unconscious acts and senses?
Naoto Fukasawa
Project / design Director

WITHOUT THOUGHT Vol.12 手を洗う|WASHING HANDS「開催概要」

以心伝心

 世界のプロダクトデザインにおける21世紀スタンダードをつくった深澤直人さんが、日本の次世代企業デザイナーたちをディレクションする、世界でもとても注目されているワークショップが、WITHOUT THOUGHTです。第1回開催のワークショップ(2000年)が、デザインコンセプトの提案プログラムとしてアメリカでアワードを受賞して以来、作品展をフランスが招待し、アジアの若手クリエイターが憧れ、デザインマネジャーが創造性開発のプログラムとして興味をもつ、ワークショップ。
 しかし、WITHOUT THOUGHTの本質的な価値は、参加してみなければわかりません。日本には以心伝心という継承があって、それは日本のものづくり産業でも培われてきたもので、メイド・イン・ジャパンの比類ない価値を継承してきたものですが、それにちょっと似ているのかもしれません。それは、レポートやマニュアルやビデオでは伝わりません。言ってみれば、その場の気によってしか、伝えられないものです。WITHOUT THOUGHTとは、「思わず・・・」という語意ですが、「手を洗う」をテーマにした今回作品を見ていくと、デザインを、「思わず」楽しんでいただけると思います。でも、その奥義までは、皆さん、なかなかわからないですよ、ね。いかがですか。未来に夢をもつクリエイターの方々、ぜひ、こんどは参加してみてください。

ダイヤモンド デザインマネジメント ネットワーク機構
DMNディレクター 河嶋隆司

Heart to Heart Communication

Naoto Fukasawa, who created the standard for product design throughout the world in the 21st century, directs the next generation of Japanese in-house designers at a workshop that is garnering attention throughout the world – WITHOUT THOUGHT. Since the first workshop (held in 2000) received an award in America for being a proposal program for design concepts, it has been invited to France, young Asian creators have aspired to it, and design managers have been interested in it as a program for creativity development.

However, the intrinsic worth of WITHOUT THOUGHT is something that you don’t understand until you actually take part in it. In Japan, there is an inheritance of what is called “heart to heart communication”; this is something that is also cultivated in Japan’s manufacturing industry, and has continued the unparalleled worth of “Made in Japan”, and the value of WITHOUT THOUGHT is perhaps similar to this. It is something that cannot be conveyed through reports, manuals or videos. In a manner of speaking, it is something that can only be conveyed on the spot. The term WITHOUT THOUGHT means “not thinking”; looking at the works from this year’s theme “Washing Hands”, we believe that you’ll be able to “unthinkingly” enjoy their designs. But people just don’t seem to quite grasp the mysteries at the heart of these designs. How about it? To those creators who hold dreams for the future – how about participating next time?

Diamond Desing Management Network
Takashi Kawashima DMN Director

 


 
お使いのブラウザではCSSが使用できなくなっています。正しくご覧頂くためにはCSSを「ON」にしてご覧下さい。

 
 
(c) 2004-2012 Diamond Design Management Network All Rights Reserved.
Contact Us by Mail : dmn@dimamond.co.jp