DMN ONLINE.NET

Diamond Design Mngement Network Online Site
 
WITHOUT THOUGHT Vol.13 Feel Food
Feel Food


13回目を迎える今回のwithout thoughtのワークショップのテーマは「Feel Food」。
食とそれにまつわるものに対して考えてみました。
料理を作る、食べる、その考えていない間に感じとっている何かをかたちにしてみる。思っていることは感じていることの一部である。
「みんながそう感じていたんだ」と思えるようなものがここに幾つかある。


深澤直人
プロジェクト/デザインディレクター

The theme for this, the 13th without thought workshop, is “Feel Food”. In this workshop, we considered food and the things around it. We’ve given form to the feelings that occur at times when you’re not really thinking too much, such as those times when you’re cooking or eating. What you think is just one part of what you feel.
There are a number of items here that will have you thinking, “So everyone felt that”.
Naoto Fukasawa
Project / design Director


WITHOUT THOUGHT Vol.13 |Feel Food「開催概要」

WITHOUT THOUGHTの囁き

痛い目に遭う
 WITHOUT THOUGHTを日本語に訳せば、思わず…する、というときの「思わず」にあたります。文法的には副詞ですね。副詞は、おもに動詞を修飾する言葉ですから、人間のする動作や行為がどんな状態なのかを示す言葉です。
 なにもここで文法の講義をしたかったわけではなく、WITHOUT THOUGHTが、思わずしてしまう人間の行為と切り離せない関係にあることを示したかったのです。
 さて、だからと言ってWITHOUT THOUGHTというデザインや方法論があってはっきり定義できるものだと思うと、これまでワークショップに参加してきた数百人の若くて優秀なデザイナーたちが経験してきたように、痛い目に遭います。
WITHOUT THOUGHTは、デザインをしようとする人たちに、ただ、「思わず、という状態に気づきなさい」、そう囁くだけなのです。

ふだんは無意識
 たしかに、WITHOUT THOUGHTは、深澤直人氏が初めて名前を与えて世界にその存在を示したデザインには違いないのですが、考えてみれば、デザイナーやアーティスト、政治家や事業家、名もなき職人や道化の人たち・・・傑出した仕事をしてきた人たちすべてが、「思わず」という人間の状態を直感的に理解していたに違いないのです。そこには、人間の無意識が包含するさまざまな情感や気分、涙や笑い、生きる喜びのすべてが関わっています。関わっているのですが、ふだんは無意識に潜んでいて、人びとには気づかれていないのです。それを気づかせてくれるような、デザイン、アート、政治、事業、手仕事、道化・・・があります。

ある時、気づく
 これは、分析的に捉えようとして分け入っても決して捉えることができない世界です。ちょっとしたデザインに、ある瞬間「あっ」と何かを感じて、人生がすかっり変わってしまうこともあるということです。何かを好きになるとき、それは意識ではなく無意識の世界で起きます。ある時、あなたは、それに気づくのです。
 WITHOUT THOUGTというデザインを実際のモノで実現すること。FEEL FOOD「食べ物を感じる」で実現すること。それは、第一線で活躍する現代のデザイナーたちにとっても、最初は雲をつかむような試みに思える、ということが少しは感じていただけたでしょうか。一つひとつのデザインの何かが、あなたの何かに触れて、人生の喜び、言葉にならない宝物を感じていただけたとすれ、開催者の一人としてこの上なく幸せに思います。

ダイヤモンド社 DMNディレクター 河嶋隆司

Murmurs of WITHOUT THOUGHT

Going Through A Bitter Experience
Translating WITHOUT THOUGHT into Japanese, the term omowazu (unconscious, without thinking) fits best. Speaking grammatically, it is an adverb. Since adverbs are words that mainly modify verbs, they are words that indicate what the actions and behaviors of humans are like.
It’s not that I wanted to give a lecture on grammar here; I wanted to show that WITHOUT THOUGHT has an inextricable link to the unconscious actions of human beings.
Having said this, when it comes to thinking that the design and methodology known as WITHOUT THOUGHT can be clearly defined, as the hundreds of young, brilliant (excellent, outstanding) designers who have participated in the workshops have experienced, it’s a bitter experience. To people who try to design it, WITHOUT THOUGHT simply murmurs, “Discover the state of omowazu”.

We Are Usually Unaware
There’s no doubt that WITHOUT THOUGHT is the design that was first named and had its existence revealed by Naoto Fukasawa; but thinking about it, there’s no doubt that all people who do outstanding work - designers, artists, politicians and entrepreneurs - intuitively understand the human state of “omowazu”. Here, a variety of emotions and feelings incorporated in human unconsciousness - tears and laughter, the joy of living - are all involved. They are involved, but are usually hidden in our unconscious and people are unaware of them. And there is design, art, politics, enterprise, manual labor and frivolity that makes us aware.

And Then at a Certain Moment in Time, We Are Aware
This is a world that can never be captured, even if we go in and try to capture it analytically. This means that even with a taste of design, there’s a moment when you think “Ah!” and feel something and your life changes completely. When you come to like something, this occurs not within the conscious but the unconscious world. At a certain moment in time, you are aware of it.
Designing WITHOUT THOUGHT and achieving it in actual objects. Achieving FEEL FOOD. Even to today’s designers active at the forefront, we hope this has you feeling that at first, it seems like an attempt at grasping clouds. Nothing would make me happier as one of the organizers of this event if something in a single design touched something inside you and had you feeling the joy of life, a treasure that can’t be expressed in words.

Diamond, Inc. DMN Director
Takashi Kawashima

 


 
お使いのブラウザではCSSが使用できなくなっています。正しくご覧頂くためにはCSSを「ON」にしてご覧下さい。

 
 
(c) 2004-2013 Diamond Design Management Network All Rights Reserved.
Contact Us by Mail : dmn@dimamond.co.jp