DMN ONLINE.NET

Diamond Design Mngement Network Online Site
 


[東京ミッドタウン・デザインハブ特別展]
 Tokyo Midtown Design Hub Special Exhibition


WITHOUT THOUGHT
BY NAOTO FUKASAWA

DMN WORKSHOP EXHIBITION VOL.15
駅 STATION



 駅 STATIOM
 

Without Thoughtのワークショップは、いつも人が「思わずにしていること」に焦点を当て、そこからアイデアを導き出す体感を共有しようとしています。
ここから生まれたデザインを見て人が思わず「あ〜〜ぁ!」とうなずいてしまうようなものを作ろうとしています。
今回のテーマは「駅」です。いつも人々が共通に認識しているような物事をテーマにするのですが、今回は場をテーマにしました。
多くの人々が利用する駅にはありふれた情景や当たり前の行為が詰まっています。まずは駅という場において人がしてしまうこと、感じてしまうことを見つけ出そうとしています。
人は駅の階段を上がりながら何か同じことを感じているはずです。電車を待つ列で何か同じことを感じる、あるいは思う瞬間があるはずです。こういった人の無意識への気付きや確信が普遍や元型を生み出す源泉になるのです。
駅での気付きをこれらのデザインを通して共有したいと思います。


深澤直人
プロジェクト&ディレクション


The Without Thought workshop aims at having participants share the experience of focusing on things people always “undertake without thinking”, and deriving ideas from this. What we are trying to create here are designs that have people inadvertently exclaiming “Ohhh~” and nodding their heads.

The theme this year is “Station”. We usually choose things people have a shared recognition of as a theme; this time, we’ve chosen a place as the theme.

Stations, which so many people use, teem with an abundance of sights and commonplace actions. To begin with, we sought out the things that people do and feel in this place – a station.
People are bound to feel the same thing as they ascend the stairs at a station. There is bound to be a moment where people feel or think the same thing as they wait in line for the train.
Such awareness of and belief in peoples’ unconscious minds becomes a source for producing universality and archetypes.

We’d like to share the things we became aware of at stations through these designs.
Naoto Fukasawa
Project & design Director


DMN DESINE WORKSHOP EXHIBITION Vol.15

通算15回目を迎える深澤直人さんによるDMNデザインワークショップwithout thought(ウィズアウトソート)。第一線で仕事をしている企業デザイナーたちが、それぞれの企業の枠をこえて、without thoughtという他では体験することのできないワークショップに参加して、自分の能力を新しい次元にまで高めようと全力で挑戦しています。

「駅」というテーマ
今回は「駅」のデザイン。駅をテーマにするとなると、デザイナーはいろいろことを考える(のだろう)。駅はどんなところで、どんな空間なのか。どんな役割があって、どんな風に使われて、どんな存在なのか。駅にはどんな人々がいて、だれがどんな時に何を持って何を考えて歩いているのか。どんな空気が流れていて、どんな光があたっていて、どんな音が聞こえて、どんな匂いがするのか。いつもあるもの、ときどきあるもの、めったにないもの、10年前にはあたりまえにあったけれど、10年後にはなくなるもの、30年後にもあるもの。目に見えるもの、見えないもの、肌で感じるもの、人間には感じ取ることもできないもの。田舎町の無人駅、ニューヨークステーション、東京駅のラッシュアワー・・・多様性と普遍性、地域性と時代性、利便性、こだわり、ネットワーク、テクノロジー、サイエンス、デザイン・・・あらゆるものが集積していて、ダイナミックに変貌しているのに、人間が移動を繰り返すかぎり永遠に駅であり続ける駅。

閑話休題
こんなことを考えていて、ふと思い出したことがある。学園都市とも呼ばれた東京の街に、小さなかわいらしい駅舎があって駅を通る人々にとってかけがえのない風景になっていたのだが、ある日、高架にして世の中のニーズに対応するとかで、その駅舎を取り壊してしまった。今ではただのつまらない駅になっている。風景が消えてしまった。住民のほとんどが望んでいなかったのに、反対の声を上げることしかできなかったので、あっという間に取り壊されてしまった、そのことを思い出した。

意識もせずに感じとること
駅で販売される小さな物品を一つデザインするにしても、ほんとうはデザイナーはこうしたすべてのことを頭に入れておいた方がいい(のだろう)。without thoughtは「思わず・・・」という意が示す通り、人間の無意識にふれる根源的なデザインであって、たとえば何かをいっしょうけんめいに勉強してできるデザインでもない。駅なら、駅にかかわる世界のこうしたすべてを意識もせずに感じることができるようになると、すばらしいwithout thoughtのデザインがわけもなくできるようになる(のだろう)。もちろん、“駅の神様”だってこんな境地にはそう簡単に到達できるわけではないけれど。

 ダイヤモンド社 DMNディレクター 河嶋隆司

This year marks the 15th year that the DMN design workshop without thought by Naoto Fukasawa has been held. Company designers working at the forefront of design transcend company barriers and participate in a workshop the kind of which cannot be experienced anywhere else – the without thought workshop. Here, the challenge is to throw all of their energy into enhancing their abilities and extending them in new dimensions.

The theme — Station
This time, we’re focusing on “Station” design. When the theme is “Station”, designers are bound to consider a variety of aspects. What kind of place is a station; what kind of space is it? What is its purpose; how is it used; what kind of meaning does it have? What kind of people do you meet at a station; who walks through a station at what time, carrying what, thinking about what? What sort of air flows through a station; what kind of light hits it; what kind of sounds can you hear; how does it smell? Things that are always there; things that are sometimes there; things that are rarely there; things that were there as a matter of course 10 years ago, but are gone 10 years later; things that are still there 30 years later. Things that you can see; things that you can’t; things that you can feel; things that humans cannot sense at all. An unmanned station in a country town; New York Station; rush hour at Tokyo Station… Diversity and universality; regionality and time; convenience; preference; networks; technology; science; design…everything accumulates, and despite it transforming dynamically, so long as people continue to move from place to place, stations will forever remain stations.

Returning to the subject at hand…

Thinking such things has reminded me of something. In Tokyo, which is known as an academic city, there was a small, endearing station building, a treasured sight to the people walking through the station, but one day, the station was elevated to meet the needs of the times or some such reason, and this station building was torn down. Now it’s just a boring station. The scenery has disappeared. Despite most of the residents not wanting this, they couldn’t do anything other than voice their protests, and so it was destroyed in the blink of an eye, and it is this that I remember.

Feeling without being conscious of it

Even when designing something such as a single small item sold at a station, it would be best for designers to keep al of these things in mind. As the meaning of the phrase without thought indicates, this is fundamental design that touches on peoples’ unconscious minds; it’s not design that can be accomplished by studying something really hard. With stations, for example, when you come to be able to unconsciously sense everything related to the world of stations, then you will be able to design truly wonderful without thought without really understanding why. Of course, even the “station god” can’t reach such a state of mind that simply.

 Diamond, Inc. DMN Director
 Takashi Kawashima

開催概要

WITHOUT THOUGHT Vol.15 駅 STATION 開催概要


station


● 会 期:

  2016年4月27日(水) - 5月15日(日)

  11:00-19:00 入場無料

  [スペシャルトークイベント]4月27日(水)17:00〜(事前登録制)
  [オープニングレセプション]4月27(水)18:00〜20:00


● 会 場:東京ミッドタウン・デザインハブ
  港区赤坂9-7-1 ミッドタウン・タワー5F Tel. 03-6743-3776 URL: http://designhub.jp

DESIGN HUB ACCESS MAP

出展デザイナー:
浜田 佐知子(資生堂)、城崎 恭平(タカラトミー)、神田 祐子(デンソー)、鶴田 香(ニコン)、二階堂 翔太(ニコン)、川口 裕太(日立製作所)、大野 博利(富士フイルム)、松山 祥樹(三菱電機)、河 俊光(リコー)、古谷 亮(リコー)、白鳥 裕之(良品計画)、椿本 恵介(ワイピーデザイン)、荒井心平・大木美波水・田中太貴・土田博之・長崎綱雄・Nitsan Debbi・橋倉誠・吉坂秀毅・(NAOTO FUKASAWA DESIGN)

プロジェクト&デザインディレクション: 深澤直人

プロデュース: 河嶋隆司 (DMN ディレクター)

コーディネーション: 坂田征彦 (DIAMOND DESIGN MANAGEMENT NETWORK - DMN)

翻訳: マーディ ミヤケ

主 催: ダイヤモンド社/DMN(ダイヤモンド デザインマネジメント ネットワーク)

共 催: 東京ミッドタウン・デザインハブ

協 力: NAOTO FUKASAWA DESIGN

Exhibiting Designers:
Sachiko Hamada(Shiseido Company, Limited), Kyohei Jyozaki(TOMY), Yuko Kanda(DENSO),
Kaori Tsuruta(Nikon), Shota Nikaido(Nikon),Yuta Kawagushi(Hitachi), Hirotoshi Ono(FUJIFILM),
Yoshiki Matsuyama(Mitsubishi Electric), Toshihiko Kawa(RICOH), Ryo Furutani(RICOH),
Hiroyuki Shiratori(Ryohin Keikaku), Keisuke Tsubakimoto(YP DESIGN),
Shinpei Arai, Minami Ohki, Taiki Tanaka, Hiroyuki Tsuchida, Tsunao Nagasaki, Nitsan Debbi,
Makoto Hashikura, Hideki Yoshizaka(NAOTO FUKASAWA DESIGN)

Project / Design directed by Naoto Fukasawa

Project produceg by Takashi Kawashima (DMN Director)

Coordination by Masahiko Sakata (DIAMOND DESIGN MANAGEMENT NETWORK - DMN)

Translation to English by Mardi Miyake

Organizers / Contributors
Organizer: DIAMOND DESIGN MANAGEMENT NETWORK - DMN
With cooperation from: NAOTO FUKASAWA DESIGN
Project/Design direction: Naoto Fukasawa
Contribution: Tokyo Midtown Design Hub



About DMN
DIAMOND DESIGN MANAGEMENT NETWORK | DMNについて

ダイヤモンド デザインマネジメント ネットワーク機構
DMN(ダイヤモンド デザインマネジメント ネットワーク)はダイヤモンド社(代表取締役社長 鹿谷史明)が主催する企業人の創造性開発プログラム。21世紀の企業にとって、マネジメントは左脳、右脳はデザインという新しい企業観に立って、デザインマネジメントをテーマに企業間をネットワークしている。業種業界にとらわれない開かれたコラボレーションを企図して、経営層をはじめ、企業内の商品企画部門、デザイン部門、マーケティング部門などが参加するセミナー、ケーススタディ、ワークショップ、調査研究、パブリシティなどのサービスメニューを提供している。総合プロデューサーは水野誠一。深澤直人氏の『WITHOUT THOUGHT』は1997年以来開催しているワークショップ。

DIAMOND DESIGN MANAGEMENT NETWORK - DMN
DMN (Diamond Design Management Network) is a program organized by Diamond Inc. (Fumiaki Shikatani, President) to aid in the development of the creativity of company employees. 21st century companies address a new view of corporate thinking, where management is on the left side of the brain and design on the right; we facilitate networking between companies based on the idea of design management. We’ve proposed an open collaboration that doesn’t get caught up in business categories and, starting with management and including intra-firm product planning, design and marketing divisions, provide services such as seminars, case studies, workshops, research studies and publicity in which members may participate. The principal producer of the program is Seiichi Mizuno. “WITHOUT THOUGHT” with Naoto Fukasawa is a workshop that has been held since 1997.


スペシャルトークイベント

WITHOUT THOUGHT スペシャルトークイベント開催

2016年4月27日(水)17:00〜
(於 東京ミッドタウン・デザインハブ / デザインリエゾンセンター)
事前登録制・有料(作品掲載ブック代1000円)

第15回目のWITHOUT THOUGHT展を記念して、深澤直人氏によるスペシャルトークイベントを開催します。深澤直人氏によるWITHOUT THOUGHTの核心に触れるトークと、豊かな啓示にあふれるビジュアルプレゼンテーション。皆さまのご参加をお待ちしております。

[ご参加お申し込み方法]
ご参加をご希望の方は、下記ページよりお申し込みください。
※領収書をご希望の方は、DMN事務局までお申し付けください。

 >> 参加申し込み手続き(Peatix)

 


 
お使いのブラウザではCSSが使用できなくなっています。正しくご覧頂くためにはCSSを「ON」にしてご覧下さい。

 
 
(c) 2004-2016 Diamond Design Management Network All Rights Reserved.
Contact Us by Mail : dmn@dimamond.co.jp